全国健康保険協会

こんにちは、静岡市で活動しているとも社労士です。

社会保険庁の解体ということで、平成20年10月1日より社会保険庁が運営している政府管掌健康保険は、非公務員型の法人「全国健康保険協会」が運営することになります。

私たち社労士にとっても、業務への影響が気になるところですねcoldsweats01

事業所の新規適用手続き、被保険者資格取得喪失手続き、保険料納付の手続きは、今まで通り、各社会保険事務所で行うということなので、大きな影響はなさそうですが…sweat01

任意継続被保険者の手続きや傷病手当金等の保険給付(法律上、被保険者自身が手続きするもの)は全国47ヵ所の都道府県に設置されている協会けんぽが窓口になるようです。

被保険者の利便性を考えて協会けんぽの窓口を社会保険事務所等に設けることも検討中のようですが…

被保険者証は10月以降、順次新しい被保険者証に切り替えが行われます。

保険料率は、設立1年間は政府管掌健康保険の料率8.2%がそのまま適用されるそうですが、設立1年以内に都道府県ごとの医療費を反映した保険料を設定することになっているので、今後は都道府県ごとに保険料が異なるそうですcoldsweats01

にほんブログ村 士業ブログへ←ぽちっとしてね♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ミニ改善報告会

 こんにちは(^-^*)/、静岡市で活動しているとも社労士です。

今日の日経新聞朝刊に、働き方「カイゼン」作戦という記事がありました。

ムダを省いて効率的な働き方の提案、または働きやすい職場環境つくりのために、各社が行っている「カイゼン」作戦が紹介されています。

 

 社労士の勉強をしている頃(3~4年前)、勤めていた会社では、「カイゼン」運動が積極的に行われていました。

社員・パート・契約社員すべての従業員が、必ず毎月1つ、「カイゼン」を考えて資料を作成します。

そして作成、提出だけに終わらず、社長や所長も参加する「ミニ改善報告会」で発表しなければいけなかったので、かなりの負担になっていたのを思い出します。

この資料つくりのために、残業になってしまうという社員もたくさんいましたよ…

ε~( ̄、 ̄;)ゞフー

もう少し、手軽なものであれば、上からやらされているという意識でなく、社員の自発的なカイゼンができたと思うのですが…

以下は日経新聞に紹介されていた会社の働き方「カイゼン」作戦です。

◇近鉄エクスプレス

 社長をトップに「タイムマネジメント運動」を開始。外部のコンサルタントを招き、仕事の進め方にあるムダを洗い出した。

社員の時間の使い方・オフィスのレイアウト・業務の流れ等をを図解して改善策を研究

◇未来工業

 社員の自発的なカイゼン運動を促して職場環境を改革

 社員からのカイゼン案を1件500円で買い取る(上司の悪口、給与への不満以外)

◇日本郵船

 会社と労働組合で組織する「時間の達人委員会」が効率的な働き方を提案

 今年4月より早朝出勤の動機付けを強化(始業時間より1時間早く出社すれば食事代を支給する制度を導入)

 ◇ユニクロ

 原則、会議は30分に限る決まりを導入

最近では、就職・転職活動の際に、職場環境を参考にする人が増えてきているそうなので、働き方「カイゼン」作戦で魅力的な職場環境を実現することは、優秀な人材の獲得にもつながるそうです。

にほんブログ村 士業ブログへ←ぽちっとしてね♪

| | コメント (4) | トラックバック (3)

猛暑で売れたガリガリくん

 こんにちはo(~∇~*o)、静岡市で活動しているとも社労士です。

ここ数日、気温がぐっと下がり、季節が変わったな~って実感しています。

そんな中、私の派遣先の会社ではまだまだアイスをこよなく愛して食べまくっている社員さんが多い…

今日も冷凍庫の中のアイスが在庫切れになりかけていたので、アイス補充係の私は、お昼休みにビルとなりの大型スーパーにアイスを購入しに行きました。

さすがに、この時期になると、販売しているアイスもかき氷系は減ってバニラ系が主流になっています。

でも、絶対に欠かせないのが、定番の「ガリガリくん」

み~んな大好きなんです。

 最近の記事で、猛暑で「ガリガリくん」の売り上げアップというのがあったけど、派遣先会社でも売り上げに大きく貢献していたと思います。

いやー゚。(*^▽^*)ゞ

にほんブログ村 士業ブログへ←ぽちっとしてね♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

年金記録不備5000万件!

  こんにちは( ・∀・)ノ とも社労士です。

今日の日本経済新聞の一面の記事にびっくりΣ(゚Д゚;エーッ

「年金記録に不備5000万件」・・・基礎年金番号漏れ

以下は日経新聞の記事より

基礎年金番号が何らかの理由で付与されていない年金加入記録が、昨年6月時点で5000万件もあることがわかった。

国民年金で約1,029万件

厚生年金で約3,966万件

トータルで約5,000万件

加入記録に基礎年金番号がないと、保険料を払っていても加算されず、年金の受給額が減る恐れもある。

またまた社保庁のずさんな管理が浮き彫りにされましたね。

昨日、私はセミナー講師を初めて体験したんです。もードッキドキでしたが・・・

テーマは「年金のこともっと知ろう」でその中で、社保庁には誰のものかわからない迷子の年金記録がたくさんあるという話や、自分の年金を守るために年金手帳や基礎年金番号の確認・年金の加入暦の照会をして記録漏れがないか確認しておこうという話をしたんです。

その翌日の新聞記事だったので、あまりにもタイミングよすぎで、びっくり、びっくりです

ォオー!!(゚д゚屮)屮

みんなも年金のもらい損ねをしないために自分の「年金手帳」「基礎年金番号」「年金記録」など確認しておきましょうね。

【年金記録の照会方法】

  • インターネット 社保庁のホームページhttp://www.sia.go.jp/でユーザーIDとパスワードを取得して照会する
  • ねんきんダイヤル 0570-05-1165 へ電話して郵送してもらう
  • 社会保険事務所へ行って記録照会回答票をもらう           

にほんブログ村 士業ブログへ←ランキングに参加しています(*^_^*) ポチっとお願いします・・・

| | コメント (0) | トラックバック (2)