« 1km5分50.5秒のペース | トップページ | 休活 »

今日は脱退手当金の問い合わせ多数

 こんばんは、とも社労士です。

今日は、年金事務所のねんきん定期便相談窓口担当の日…

脱退手当金の問い合わせがほとんどの日でした。

そのわけは…

以下、静岡新聞(9/11土曜夕刊の記事より)

 年金機構はこの11日までに、結婚退職などで厚生年金の加入期間が短かった人に保険料の一部を払いの戻す「脱退手当金」(現在は廃止)について、支給漏れの可能性がある約14万3千人に「受け取っていないと思う人は年金事務所に申し出て」と呼びかけるはがきの送付を始めた。

 年金機構の管理記録上は脱退手当金をもらったことになっているのに実際には受け取っていない人の場合、記録を訂正すれば受給資格期間が延びて年金額が増えるからだ。厚生労働省の試算では、最大で約8千人が記録訂正につながる可能性があるという。

 年金機構はすでに6万5千人分を発送、残る7万8千人にも近く送る。

 脱退手当金は昭和30~40年時代に会社を辞めた女性が主に受給。手当金の受給額に見合う勤務期間は厚生年金の加入期間から除かれる。支給漏れは事務処理ミスが原因とみられ、複数の会社に勤務した人に最後の1社分だけの分しか支給しなかったケースが考えられるという。

 機構はこれまで脱退手当金の支給漏れを19万2千人としていたが、その後に精査したところ約5万人減ったという。

 記録を訂正するには、一定の基準を満たす人は年金事務所でできるが加入歴を証明する資料が不足している場合は年金記録確認第三者委員会での審査が必要になる。

 このはがきを持って相談にきてくれた方が多数いたわけです。

いつもの倍の相談件数をこなしました。

しばらく、相談窓口、「脱退手当金」に関することが多そうですね…(o^-^o)

皆様の暖かい応援クリックで元気をいっぱいもらっています!

にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村←ぽちっとしてね♪

人気ブログランキングへ←こちらもよろしく♪

|

« 1km5分50.5秒のペース | トップページ | 休活 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ウチの方は、地域柄外国人が多いので、
脱退一時金の相談がおおいですよ。

投稿: ぴろろ | 2010年9月13日 (月) 22:16

 とも先生、こんばんは!
年金事務所の相談、お疲れ様でした。
マスコミの力はすごいですね。
先日も新聞で「障害年金」の報道がされたときは、
反響がたくさんあったそうです。
みなさん、情報に敏感になっているんですね。


投稿: 走る社労士 | 2010年9月13日 (月) 23:18

年齢69歳(昭和16年以前)以上の方で、該当する方にとっては、厚労省のズサンさから被保険者期間が5年以上加算されて?年金額が増えて本当に嬉しいことです。大変でも持ち前の親切丁寧な対応で多くの方をハッピーにして下さい、頑張ってネ
(脱退手当金の理解が間違っていたら御免なさい)

投稿: ひぐらし | 2010年9月14日 (火) 18:36

 こんばんは、ぴろろさん。
地域によって、いろいろなんですね。
年金はやっぱり複雑で…
対応がたいへんですね。

投稿: とも | 2010年9月16日 (木) 20:31

 こんばんは、走る社労士さん。
マスコミの力はほんと、すごいです。
たま~にワイドショーとか見ると
えっ、そうなの?っていう情報いっぱいありますよね。
みんなそんな情報に敏感に反応するんですね…

投稿: とも | 2010年9月16日 (木) 20:33

 こんばんは、ひぐらしさん。
年金制度は頻繁に法改正があって、そのための経過措置などもあって…
ほんと、複雑、パズルみたいです。
自分もまだまだよく理解していないので、勉強していきます!!

投稿: とも | 2010年9月16日 (木) 20:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83060/49438397

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は脱退手当金の問い合わせ多数:

« 1km5分50.5秒のペース | トップページ | 休活 »