« ど忘れ…(-_-;) | トップページ | 心から感謝… »

40周年記念社労士業務事例特別賞(N先生)

 こんばんは、とも社労士です。

今日は部屋の片付けをやっていました。

書類整理をしていると、2009年増刊号の月刊社会保険労務士が…

社労士制度創設40周年記念事業

「社労士業務事例表彰」の特集でした。

中をぱらぱら見ていくと全国の社労士の方々のすばらしい事例がいっぱい。

その中で、自分と同じ静岡の方が特別賞を受賞していました。

なんと、特定社労士研修で同じグループのN先生でした。

w(゚o゚)w

N先生はなんと来年80歳になるそうです。

「時代に対応する社労士の思い」いうテーマで事例を書かれています。

審査員の方の寸評は…

 年齢を感じさせない向上心と熱意にあふれた事例として、審査員会において満場一致で特別賞に決定した事例です。

 前向きな姿勢、常に新しいものに挑戦する姿勢は、我々社会保険労務士に欠かせない要素であり、これこそが社会保険労務士制度の発展につながる一番の鍵ではないかと思います…

                  月刊社会保険労務士 増刊号より

O先生の事例の最後には

「生きること、それは自分が変わること」とあります。

生きるとは、危機に、変化に対応することです。自分が変わることができるかどうかです。変わろうとしないこと、学ぼうとしないことが最大の危機であることを学ばせてもらいましたとN先生は言っています。

人生の大先輩のN先生の言葉には重みがあります。

私は、よく人から頑固だといわれます。

自分としては、一度決めた意志は曲げない、最後までやり通したいという気持ちが大きいので、こんな風に言われてしまうのだなと思っていましたが、最後まで物事を貫き通す中でも、柔軟にまわりの方の意見を聞いて、変化することは大切なんだなと改めて考えさせられました。

4月の後半には特定社労士グループで懇親会が予定されています。

N先生にお会いできるのが今から楽しみです。

(* ̄ー ̄*)

N先生の特別賞を受賞した事例は増刊号P98より掲載されています。

ぜひ、皆さん読んでくださいね♪

にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村←ぽちっとしてね♪

|

« ど忘れ…(-_-;) | トップページ | 心から感謝… »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

とも先生、こんばんは!
N先生の特別賞を受賞した事例、読みましたよ。
社労士、たしかに高齢になると大変だと思いますが、
自分の信念を持って向上心と熱意で行動することが必要なんですね。
N先生の年齢に対してとも先生も、走る社労士もまだ子供の存在ですね。これからもN先生を見習って互いにがんばっていきましょう。


投稿: 走る社労士 | 2009年4月 5日 (日) 21:09

こんにちは、走る社労士さん。

本当に自分達は子供みたいなものですね。

さらに、社労士としての経験からいえば、赤ちゃんみたいなもの(^_^;)

N先生を見習って、日々頑張りたいと思います♪

投稿: とも | 2009年4月 6日 (月) 17:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83060/44576036

この記事へのトラックバック一覧です: 40周年記念社労士業務事例特別賞(N先生):

« ど忘れ…(-_-;) | トップページ | 心から感謝… »