« すっかり秋めいて | トップページ | まぐまぐ!その2 »

母親と寝言

 今日お昼に、寝言の話題になった。けっこうみんな寝言を言うらしい。実はともは数年前、うなされることが多かった。

怖い夢(殺されそうになる夢)を見て、よく「おかあちゃん、助けて、おかあちゃん」と言っていたみたい。子どもがびっくりして、よく私を起こしてくれていたもの・・・

ともは田舎育ちで、母親のことをいまだに「おかあちゃん」と呼んでいる。いつまでも苦労ばかりかけているような気がするな(~_~;)母親は今、76歳。ひざが少し悪くて歩いたりするのがたいへんそうだけど、元気に趣味の野菜作りに精を出している。いつもにこにこしていて、お人よしで、ともはそんな「おかあちゃん」が大好きだし、すっごくかわいいなって思っている。

社労士として、頑張ったら、真っ先に「おかあちゃん」のところに報告するからね。だから、今は健康で長生きしてほしいと心から思っているよ(*^。^*)

わたしも、自分の母親みたいな、子どもたちから見てかわいい「おかあちゃん」になりたいな。

|

« すっかり秋めいて | トップページ | まぐまぐ!その2 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83060/12048730

この記事へのトラックバック一覧です: 母親と寝言:

« すっかり秋めいて | トップページ | まぐまぐ!その2 »